スタッフコラム

千葉支所

千葉県千葉市の繁華街

千葉県『基準地価格』発表から

新型コロナの影響を受けた後の、初めての基準地価格が9月30日に発表になりました。

報道発表によると、千葉県の令和元年7月以降の1年間の地価動向は以下のとおりです。

対前年平均変動率は、商業地・工業地・全用途は上昇幅が縮小し、住宅地は前年の上昇傾向から下落に転じています。県全域の継続調査地点数(林地を除く)818地点のうち、258地点で上昇、220地点で横ばい、340地点で下落した。

各用途の対前年平均変動率を見てみますと、以下のとおりです。

令和元年7月 令和2年7月
商業地 +2.8% +1.4%
工業地 +2.5% +2.4%
住宅地 +0.3% -0.2%
  • 商業地の変動率は、昨年までの好調が一転、上昇率は凡そ半減しています。
  • 工業地の変動率は、物流施設の需要が底堅く、微減にとどまっています。
  • 住宅地の変動率はややプラスからややマイナスに転じています。

 

半年前に比べればGotoキャンペーンなどの経済対策が打ち出されるなど、少しは沈静化しているようですが、新型コロナの完全な収束の気配がいまだ見られないなか、半年後の公示価格の動向にも目が離せません。

 

PAGE TOP