士業向け業務事例

弁護士・公認会計士・税理士など各士業の先生方へ

先生方の業務に関連して弊社の鑑定評価等をお役立て頂いた事例を紹介いたします。

鑑定評価書のほか、意見書や調査報告書、コンサルティイグ報告書として成果品を提出するケースがございます。
案件に即して適切な方法をご提案させて戴きますのでお気軽にご相談下さい。
なお、反復継続する業務等のために業務提携、パートナーシップをご希望の先生は下記からお問い合わせください。

  • 個人が会社へ不動産の現物出資をするため適正な時価が知りたい
  • 不動産の相続・分割に当たり、各相続人が公平に相続するためどのように分割したらよいか知りたい
  • 同族間売買に当たり、税務対策として証明書が必要となった
  • 立ち退き交渉のため、立退料が知りたい
  • 賃料の増減額交渉の参考資料として活用したい
  • M&Aの検討、企業価値評価、会社清算等のため、参考資料等として活用したい
  • 地主(借地人)が借地人(地主)より借地権(底地)を買い取るに当たり、適正な価格を知りたい
  • 老朽化ビルの建て替えに当たり、建て替え後のビルの価格と収益性を検討したい
  • 老朽化ビルについて、建て替えか、リニューアルか、どちらが有利か検討したい
  • 後継者がいない医療法人(病院)を譲渡したいため、病院の価値を知りたい
  • 借地権付の老朽化ビルについて借地権を更新すべきかどうか判断の参考
  • 民事調停で提示された鑑定評価(価格等調査)の検証・反証が必要になった
  • 海外監査法人よりご依頼の日本国内投資案件に関する鑑定評価の英文によるセカンドオピニン
  • Jリート監査部よりご依頼の不動産投資法人取得物件に係わる鑑定評価のセカンドオピニン
  • 金融機関が適切な融資であることを証するため、建物の残存耐用年数を証明する必要になった
  • 瑕疵付不動産の仲介に当たり、適切な減価額及びスティグマ(心理的嫌悪感)治癒期間を把握する必要が生じた

 

ご興味ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

ご相談・お問い合わせ

 

PAGE TOP