中古住宅売買FAQ

新耐震のマンションを購入するべきだと聞きましたがどのような基準ですか?

建築基準法は、大地震のたびに見直しが行われてきました。なかでも最も大きな改正は、新耐震設計基準(昭和56年6月1日施行)の導入で、昭和53年の宮城県沖地震を契機とする改正でした。建物は地震などの際に変形しますが、新耐震設計基準はその変形する量を規定し、規定内に収まるように設計しなければならないという画期的なものでした。事実、阪神・淡路大震災では、新耐震の建物の約75%が無被害又は軽微な損傷であったのに対し、旧耐震設計基準(昭和56年以前)の建物では、無被害又は軽微な損傷は、約35%でした。また、大破以上をみると、新耐震は10%未満、旧耐震は約30%となっていました(平成7年阪神淡路大震災建築震災調査委員会中間報告による)。

以上から住まい選びに当たっては、まず、新耐震設計基準の住宅を候補とすべきといわれています。もちろん、建築年次が新しいほどよいことはいうまでもありません。

不動産鑑定士がサポートいたします

お電話・メールにてお気軽にご相談ください TEL:03-3281-6262 FAX:03-3281-6265 ウェブからのお問い合わせ